読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の夏は苦しい日々でした

この夏は、思いもかけなかった心のザワつきと戦いながら過ごしてしまった。

なんとかそこから抜け出したいと、あがき続ける毎日で。

ポジティブに。

良い方に考えよう。

きっと大丈夫。

問題ない。

でも・・・そう思い込もうとしても自分が無理をしてるのはわかってた。

そして、心に常在する病み物件に侵食されながら、何にも手につかない上の空の日々を過ごしてしまった。

そのせいで、長年、大切に育てていたスミレを全部枯らしてしまったり。

掃除が趣味かと言われるくらい磨き上げていた家の中も、どんどん薄汚れていったし、料理も、手の込んだものを作ってあげる気力が沸かない。

ただ、普通に振舞うのだけで精一杯。

・・・かなりシンドイ日々だったなあ。

 

助けてくれたのは同じ気持ちで過ごしている人達がいるという事実。

気持ちを吐き出させてくれる場所があった事。

感謝してます。

とても救われました。

 

何が正しくて何が間違いかなんて、片一方から決め付けられるものではない。

 

私が望むのは「確認」ではなくて「事実」。

目で確認しなくても「事実」があればいい。

笑っていなくても幸せならいい。

幸せなら姿が見えなくてもいい。

 

本人が平気でも、本人に拘ってきた人が心を痛めるのはやるせない。

そして、自分を守る事は、大切な誰かを守ることだと伝えたかった。