やばい・・・

かなり・・・ヤバすな状況です。

XOI観てからというもの、大輔さんが好き過ぎてツライ。笑

いや、こういう気持ちになるのはもう何十回目かって話なんだが。

やはりこの人は私にとっては棘のある薔薇なんだ。

近づき過ぎると、のめりこむと、危険なの。

だから常日頃そうならないように自衛抑制して、逆にあまのじゃくな発想なんかもしちゃうくらいで。

「そんな好きじゃないんだかんね。」みたいな~。笑

とにかく、距離感取って愛でていかねばって心がけているわけなのよ。

でもさ、今回みたいに予想以上に魂を持っていかれることの繰り返し×10年なわけで。

本当にさあ、恐ろしい程の求心力を持った人なんだよなあ。

 

今日もXOIの演技をリピ。

やっぱ、クリスさんとのコラボがひたすらに美しいと思う。

ケンジ先生ありがとうございます。

これまで、私がケンジ先生の大輔さんに作ったEXプロで一番好きなのはラブレターだった。

あのプロは生で観ると凄く繊細で、音の振動まで表現する大輔さんの真骨頂がよくわかるプログラムだった。

だけど今回のプロは私的にはそれを超えたかも。

大輔さんのパフォーマンス、踊りがさらに上手くなってるからこそだけど。

Born on Christmas day、いい歌だし~。

よし!会場では購入しなかったけどクリスさんの最新のクリマスアルバム買うかな~って探したら・・・なんと!この曲はクリスさんのアルバムには入ってないやん!

なぜに?

入ってたら、ピラニアさんらがドドっとお買い上げしていたんじゃないんか?

なんでもこのプログラム、本番一週間前に作られたらしいし。

それであのパフォーマンス!天才か!・・・ってのはひとまず置いといて。

この曲を使おうって提案したのはケンジ先生なのかな?

アルバムに入ってないだけで前からクリスさんのレパートリーに入ってたの?

も、ほんとよくわからんわ。

大輔さんの演技は素晴らしかったけど、色々もっとビジネス的にうまくやればいいのになあと思う事が多いよなあ。。。

ああ、それよりこの好き過ぎてる状態を何とかしないとっ。

もうNYに戻ったのかな?

夏はそれどころじゃなかったからさほど寂しくなかったけど、今の気持ちのままだと寂しさMAXになってしまうじゃないか。。。

 

なんかおかしなもので、夏の帰国は涙が出る程嬉しかったけど、NYに戻ったのは寂しくなかった。

例の団体のファンミみたいなやり方に怒り心頭だったりしてそれどこじゃなかった。

今回は、帰国してるのわかった時に、嬉しいって気持ちより、自分的にあれこれ思うことがあった後のファンとしての自分の正念場と感じていて不安だったり、大輔さんのスケートに対する気持ちがどういう状態なのかも不安で何も喜んでなんていられなかった。

でも、今はスケーターで表現者の大輔さんに更に惹きつけられてしまった分、寂しさがつのりそうで心がイタイ。

今度彼の演技を観れるのっていつなんだろう。

テン君のショーはおそらく出そうだけど、春過ぎだよね。

やっぱチャリティーかな。

その前に留学のお勉強は最終段階だろうなあ。

あと4ヶ月くらいかあ。長いな。

 

 

広告を非表示にする