読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3A

土日2日間留守にしてて、今日も朝から色々慣れないことして、やっと今ここにたどりついたよ。・・・眠い。大輔さん情報はだいだい把握。

メンタリスト対決とやらはまだ見てません。

まあそれもだいたい内容は把握してます。おおかたの予想通りといったところかな。

TLじゃ楽しんだファンとそうでない人に別れてたけど、果たして私は見終わったらどっちよりになるんだろ?

 なんでもソチの大輔さんの涙を、番組の台本通りに強引なこじつけされてしまったらしく?

残念ですね。

そこが引っ掛かってて見る気が起きませんわ。

メンタリストさんとやら、この方をあまり存じ上げないし、どれほどの観察眼の持ち主なのか精神医学の専門家なのかよくわからないけれど、番組制作側の意向に合わせてそんな安易な見解を示してしまうなら、まあプロ意識の低い方なんでしょう。

メディアの仕事をしていく中で、自分の業の信用を簡単に手放してしまう人を、哀れに思います。

安いし、弱いなあって。

 

あの涙だけはバラエティでおもしろおかしくイジっては欲しくなかったです。

あの涙の意味を、苦しくて重い訳があったことを、自分の仕事に誇りが持てない人達におもちゃにされてたまるもんですか。

 

 

 大輔さんは八戸PIWでも3-3のコンビジャンプを跳んでいたようですけど、大分ではついに3Aを跳んで下さったのね。

もうめっちゃ嬉しいです!

ILを現地観戦した方が3Aの動画を上げて下さった時とてもありがたくて、その時既に感無量だったんだけど、今回は本番のショーの中で跳んでくれたのがとてもとても嬉しいのです。

これってソチから数えて2年と4ヶ月ぶりなんだっけ?

 

ソチ後、ケガの状態がおもわしくなくワールドを欠場し、直後のSOIにも出場しなかったよね。

それからテン君のショーに出演後、急遽アラカーさんの代わりに出ることになったと思われる「自分もあのショーに出るとは思っていなかった」と言っていたショーで、オープニングで3Aを跳ぶ演出があってさ。大輔さんは黙々と1Aを跳び続けていたんだよね。

きっと理不尽だったんじゃないかな。

そのショーの後に膝にテーピングをしていたし、2000daysの中でも「あいかわらず膝は痛い」って。。。「ショーでジャンプを跳び続けると痛くなる」とも書いてなかったっけ?

 

去年の夏、NYから一時帰国してXOI開催の発表があった後、インスタに成功しなかった3A練習の動画をアップしてくれて、その心意気が嬉しかった。

そして、もしかしたらXOIで成功したものを見られるかもって思ったりしていた。

でもそこでは3Aは跳ばなくて、それでも演技自体は進化が見れてとても嬉しくて、だけど心の片隅にはもう3Aは見ることはないかもっていう寂しさも確かにあった。

そんなこんなが嬉しさの中で思い出される。

 

大輔さんが今、3Aを跳んでみせたい気持ちになったこと、膝が跳べる状態にあるってこと、この事実が、ただただ本当にありがたい。

この気持ち、本当のところ大輔さんのファンにしかわからないんじゃないかな。

ケガの一報を知らされた日、靭帯断裂の正式発表があった日、現役最後の2年間とそれ以降、そのケガよりしんどかった日々も思い出す。

 

大輔さんはジャンプやスピンをしなくても魅せられるスケーターになりたいってこの間のSOIのインタで仰っていて、そのプログラムをいつか見たいと私も思ってるけど、今のこの現状が、ようやく本当に色々「戻った」気がして、嫌いになってしまったはずの「スケートの神様」にさえ御礼を言いたくなる。

だけどやっぱり本人の努力のおかげだよね。

 

大輔さんありがとう。

この人を好きになって良かった。

大輔さんが喜びを「与えたい」って思ってくれる人で良かったな。

ずっといつだって、奪う人ではなく与え続けてきた人なんだってこと、

私だけではなく大勢の人が知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする