読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOTF初日②

続きです。

例の曲を感じてる時のせつなげな大輔さんが3D画像になってたわけですが、ほとんど表情とか判らずw

まあね、この映像をバックに踊る大輔さんの妨げになってはイカンということなんでしょう。あれ位ぼかさないとインパクトがあり過ぎるっちゅーことですよ、きっとw

で、この時のナレーションがとっても自然で良かったです。

深夜のZEROで心地良い夜声と認定されたイケボ、この声は間違いなく武器だわよ。

声優より先にナレーションのお仕事があってもいいな。

そうね、今度マオさんのポジティブな密着があった時にでもお願いしたいかも、という妄想をここでブッコんどこ。

 

大輔さんのソロの振り付けは初心者には超ハードル高かったように思いました。

スローな曲はアラも目立つというか、確かに足元が無防備に見える時がありまして。

もっともっと時間があれば良かったなと思いましたよ。だって大輔さんは出来る人なんですもん。

それでも大輔さんの腕の動かし方、指先の繊細な美しさっていうのはこの人だけが持つ特別なもので、プロのダンサーさん達の中でさえ、そう見えました。

SOI観戦の感想に、指先の表現がはっきりと自分の席まで届いたのは大輔さんだけだったと私は書きましたが、距離は関係ないのだと今回わかりましたよ。

強い光を眼に入れるとそれが残像となってしばらくは視覚に残るじゃないですか?そういう効果が大輔さんの舞にだけはあるのだなと。私にはね。

あの空気を撫でるような、撫でられた空気の移動がわかるような不思議な感覚、これがこの人だけが持ってるものだと確認出来て嬉しかったです。

 

エンデングの大輔さんはいつものノリノリ大輔さんでしたw

これを本番前に公開したのは正解ですよね。観客もいよいよラストだと理解してて気持ちが開放されていましたよ。

大輔さんもとっても楽しそうだったし。

何よりもね、そんな顔が見たかったんですよ。

途方もないプレッシャーの中でやり切った顔が見たかった。

大輔さんは舞台挨拶で、ほぼ満員でお客さんが盛り上がってくれてダンサーの人達も喜んでいたととても嬉しそうで、やっぱり観客動員とかその場の反応とか、そういうのにも相当プレッシャーを感じているんでしょうね。。。まだ進化するから来て下さいとまで。

自分は、嬉しさ全快になってる大輔さんを見て、この人が今回背負っているものの重さを感じてジ~ンとしてしまいました。

ホントになんてデッカイ男なんだろなと。

 

で、昨日も今日も既に進化してるらしく?

マジっすか~~~!!!!

 

 

とりあえず、これからも大輔さんにはダンスを続けて欲しいのです。

もう既に今からオファーして話を進めて、準備期間をたっぷり設けて・・・そんくらいしなきゃです。

スケートをメインにしながらもこれだけは続けてくれたら嬉しいの。

勝手な願望です。

スケーターでありダンサーにもなれて、しかも客を呼べる存在って日本では大輔さんしかこの先出てこないと思うので。

 

 陸でも氷でも大輔さんはセンターが似合う人です。

大輔さんだけね(強調)

 

 

 

 

 

広告を非表示にする