読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポーツHEROS

24日の大輔Dayの感想です。

まず寝しなに見たHEROSから。

この日の日刊さんの流れでリオキャスターとしてのアピールだろうとあまり期待せずに見ました。

番組冒頭、ゲストの紹介がある前からいきなりワイプで御登場。

小窓に映ってる方はタレントさんでも俳優さんでもなくこの間までアスリートだった人。なのにこのビジュアル&存在感よ。

んなもんだから大輔さんは番組中殆どず~~~~っと小窓で抜かれっぱなし。だもんだから自分もず~~っと小さく映るその表情に集中しっぱなしに。

大輔さんは喋ると人柄が良いのがわかる方だけれど、小窓でうなずいたり笑ったりしてるだけでもそれが十二分に伝わるんですね。

取り上げているどのアスリートの心情にも心から同調してとても良い反応をしていて、その特集に説得力を与えていたんではないかしら。

大輔さんの偽りが感じられないリアクションを見ると、つくづく心の根っこがピュアな人が最強なんだと思い知らされます。

そして常日頃、邪の感情に負け通しの自分が、何度反省を繰り返し心を入れ替えられたとしても、大輔さんの域には到達出来ないだろうなと。

 

この日のこの番組ね、ボルトやケガから復帰して涙してる野球選手の方や白井君のとか、とても良い特集だと思いましたよ。

大輔さんがワイプで頷いてるから余計にそう感じたのかもしれないけどw

だからバラエティのノリを辞めてもっとシンプルにすればいいのに。

ボード上げたりとか、

占いとか、

ソファーに座ってゲストを挟む演出とか・・・これはキャバクラをイメージしてるんで合ってるんでしょうか?(・・・石井さんはゲストじゃないから座らせて貰えないの?w)

この番組だけではなく、大輔さん関連でたまに見るどの局のスポーツニュースも芸人さんや華やかな女子アナさんありきの軽いノリになってきているようですけどね。

だけどまあ期待していなかった分、私は今回のこの番組は楽しめましたよ。

大輔さんがゲストだからといってフィギュアの特集がなかったのも却って良かったです。

問題は危険が一杯の現地リオですよ。無事に終わりますように。

LOTFの感想は別にします。

 

 

 

広告を非表示にする