リオ五輪始まるよ~

大輔さんがどうか無事にリオから帰国出来ますよ~に‼‼‼‼‼

 

f:id:patinon:20160717010410j:plain

その前に。えいっ!もう一回これを貼るしな!

 クフフフ、ホントこの写真大好きだ~~~!

そうだね。またいつかLOTFの再演があればいいね。

 

よし!今日は大輔さんの安全祈願に近くの神社にお参りに行ってこよう!

…変質者注意の看板がやたらめったら多い場所にあるんだけど、リオよりは安全だろうしなw

しかしあれだね。

神社で変態行為をしようなんて正に神をも恐れぬ行為ですよね。

もうさ、そういう人ってどんだけそっちの欲に囚われて生きてるんだって話を以前その前を通る時にダンナと話したのよね。

そしたら、神の目前っていうのも合わせてカイカン味わってんかも、というお答えを頂き…。

 

そういえばずっと前、友達と二人で呑んでて終電逃しちゃってその子の家に泊まらせて貰うことになった時の話なんですけど。

二人してほろ酔いでお喋りしながら寂しい夜道をチンタラ歩いていたわけです。

程なくして、あら?後ろに誰か付いてきてる?と二人ともその気配に気づいたの。

そして二人の会話が沈黙に変わった正にその時、私はその男に羽交い締めにされそうになったんですよね。

私はあまりの恐怖に「きゃ~」ではなく「ぎゃああ」って地獄の雄叫びのような声が出てパニックになって駆け出したんだけど、あれ?友達は付いてこない。

振り返ると友達は持ってた傘で倒れている男の、え~とあの、大切なところをですね、バッシバシに殴っていたという。。。

男は「う~~ん」とか呻いてるし。

その後一緒に全力疾走で逃げたんだけど、後にも先にも、あんな風に自分を守ってくれた人はいないわwww

ホント、マジで惚れそうになったもんその友達のことw

そして「女性の大人」←(違和感なかった自分w)にとって、傘は武器になると知った遠い夏の日の思い出ww

 

リオで大輔さんの傍に彼女みたいに全力で守ってくれる人が付いててくれますように。

キャスター頑張って下さい!

きっと無事に帰ってくると信じています。