優しいな・追記

大輔さん、マナウス現地からお疲れさまでした。

とりあえず蛾の襲撃にも合わなかったみたいで良かった。

現地の赴くって知った時は、虫大嫌いな大輔さんなのに勘弁してくれって思ったけど、やはり現場の熱気を肌で感じるってとても大切なことなんですね。

大輔さん、それが伝わるコメントだったよ。めっちゃ頑張ってたよ。

 

結果コロンビア戦は引き分け。でも次があるんですよね。

選手はモチロン、サポーターの皆さんも頑張って下さい。

 

サッカーは普段興味がない私だけど、大輔さんがオリンピアンキャスターとして関わるから見たし応援していました。柔道も水泳もそうだった。

大輔さんのファンの中には、きっと私みたいな人が大勢いるかもしれないよね。

そしてもしかしたら、そのスポーツを長年愛する人達の中にはそんな私みたいな一時だけの応援者は受け入れられない人もいるかも。

だけど、柔道で銅メダルを取りながらもTLで謝ってる選手に、励ましと労いのリプをする人達の中には、やはり試合を見たであろう大輔さんのファンの人達もいて、その事実に私は心打たれてしまう。

大輔さんの波乱万丈だった現役人生を見守ってきた人達のその言葉は、ひときわ温かく深く感じて、ああ大輔さんのファンだもんなと感慨深くなるのだ。

そしてそれとは別に、大輔さんの何気ないコメントが選手の気持ちに寄り添ってると仰る大輔ファンの方々自身も、同様に、結果を出せなかった選手に対して寄り添いまくっているのだ。

なんかさ…やっぱりいいよね大輔ファンて。笑

熱くて、温かくて優しいよ。

いつものことだけど。

 

それに 皆、覚えてるよね。

大輔さんがキャスターの仕事をするって決まってすぐに

「選手の人が聞かれたくない事や答えにくい事がわかるから却って難しい。自分がされて嫌だった質問を人には出来ない」みたいなことを言っていたよね。

きっと番組サイドが求めているとなればドライにそれが出来る人もいるんだろう。

だけど大輔さんはそうではなくて、相手が傷つくと自分も傷付いてしまう人なんだろな。

私はそういう人のが好きだ。鈍感な人より繊細で優しい人が好きだ。

アスリートも、強いだけではなく繊細で負ける姿で生き様を見せてくれる人が好きだったりします。

そういう視点で見ているリオ五輪です。

 

 

追記

大輔さん、インスタ更新しましたね。

更新されたインスタからはポジティブな気しか感じないよね。

あれが大輔さんの強さであり優しさだなと思う。

虫が~~っておののいていたけど、本人はとても貴重な体験になったと。

 

うんうん、大輔キャスター頑張ってるもんね。

大輔さんと大輔さんを応援するファンのおかげで、いつもとは違う気持ちで楽しんでる五輪だよ。

 

 

 

 

広告を非表示にする