フレンズのライラックとか・・・

フレンズ地上波、録画しそこねました。

てっきり昼過ぎの放送だと勘違いしてて、その時間はLOTFの各回をせっせとダビングしておりました。

で、ふとTLをチェックしたらフレンズの真っ最中だと気付いて。。。

んなもんで途中から見たんだけど大輔さんの演技は終わってました。。。

アホや、自分。…いや、そうでもない。(どっちだよ)

だって途中から見ても、悪い期待を裏切らない予想通りの番組らしいのが十分に解ってさ、そんなに残念に感じなかったんだもん。

フィギュアの番組作っている制作側は、実のところは煽ってる現役選手の演技でさえ興味がないんでしょうね。どこの局も。誰の演技でも。

 

ライラック、動画上げて下さった方がいて見られました。ありがとうございます。

今回のフレンズは当初観戦するつもりでいましたが、どうしても心に引っかかりを感じてパスしたんです。だからフレンズのライラックは動画を見ての感想です。

スケーティング、すこぶる美しいですね。演技全体がまるで緩やかな夢を見ているような心地良さだと感じます。これが「酔う」ということなのかと。

ですが、腕の動きの緩急、指先の美しさ、感情表現はSOIの方が自分は好きです。さっきまで何度も見比べたんですけど、やはりSOIの演技の方に魂が宿っているように私には感じます。

実際に会場で見たら全然違って見えたのかもと思うんですけど。大輔さんのファンで埋め尽くされた会場の雰囲気は素晴らしいし、その空気感の中で観たら、きっと私も違う感想を持ったのかもしれません。

現役時代と変わらないバナーの数にも感動します。アレを見るとめちゃくちゃ嬉しくて涙が出るくらいです。「戻ってきた」と確かに実感出来るんです。

それでも思うのは、その大輔さんのファンで埋まってしまう新横は、大輔さんにはもう小さ過ぎるんではないかということです。

大輔さん本人もフレンズの会場、観客、空気感が大好きなんだろうと思います。

それがよくわかるのに、小さい箱にファンも大輔さんも隔離されてるような寂しい気持ちが沸いてくるんですよね。

これは、CSでファンを対象にした大輔さんの特集に感動しながら、良い番組ほど広く一般に見て貰えない寂しさを感じるのと同じ気持ちかもしれません。(この間のCSテレ朝の事を言ってるんではなくってよ)

新横の良さって確かにあるのかもしれないけど、新横でしか開催してこなかったからこそ、フレンズは限界になってきたのではないか、というのが私の考えです。演出のネタ切れだけが原因ではないんではないかと。

もう少し早い段階で、

「新横の箱の小ささだからこそ味わえる一体感」という価値感から離れて、広い会場で同じくらいの一体感を作り出そうという気概があれば、今頃はそれが出来ていたんじゃないかと思うんですよね。

だって代々木のGPF、N杯、国別、玉アリの全日本、コンペという違いはあれど、広~い会場が割れる程の熱狂を大輔さんと大勢詰め掛けたファンは何度も作り上げてきたじゃないですか。

大輔さんだからこそ出来る。大輔さんのファンだったら出来たんじゃないかと思ってしまいます。

SOIや他のアイスショーではムリでも、フレンズなら演出の仕方でアイスショーの観客をもっと多く育てられたんじゃないか、そうしたら、もっともっと大輔さんのファンも増えていたかもしれないなあと。

でも、10年続けながらそれをしようとはしなかった。

だから、これらは私個人が数年前から感じてきたことだったんですけど、もうこの先のフレンズには期待はしていないんです。

あ、やっぱり私、軽くノイローゼなのかもね。笑

 

もうフレンズはいいという気持ちで、昨日今日とLOTFを何回も観たんで今は幸せを感じています。

ソングフォ~を踊りながら微笑んでる大輔さんを見る度に、「この人の事、これからも信じられるな」と思いました。

ライラックも大好きだけど、この曲を踊っている大輔さんが本当に好きです。ジェームズ先生振付のスケートのプログラムが見たいです。

LOTFは本当に最高だったなあ~って今更ながらに思います。スケートはしがらみがエグ過ぎて残念なことが多いから余計にそう感じます。