読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜も~

う~(今年一発目のうめき)、頭痛い!目がカユい!喉も耳の奥も顔の皮膚もカユい!

ええ、花粉症です。この季節に花粉に悩まされることなく過ごしている方が羨ましいです。

毎年、「自分は何ともない、平気」とか言ってるダンナや親しい友人に返しちゃうんですよ。「こんなに花粉飛んでるのに?鈍感なんじゃないの?」って。

モチロン冗談なんですけどね。

 

大輔さんは今日からローザンヌ公演が始まるんですね。

チューリッヒの動画、まだ全部追えていないけど、どんどん良くなってきてるみたいな。

どうか頑張って下さい。

え?そんだけかって?

今日はいつもの上から目線は?たわ言はどうしたって?

そうですね。

じゃあ言っちゃうと、

「キャラバン、初演からそんくらいの大きい動きが出来れば良かったのにー」

あ、ファンなのになんつー言い草、すみません。

だけどウタコ先生とか関大で練習観てただろうに、そういう指摘はしなかったのかしら?現地に着いてからのマネージャーとかも。

時として、回を増すごとにこなれ過ぎて、小さくまとまって印象に残らない演技をしてしまうのが大輔さんの唯一の欠点ですよ。

あ、また余計なことを。こんなことをグダっても過去は戻ってきませんよね。

 

それより今夜からの公演です。

何が言いたいかっていうと、

「まだまだこんなもんじゃないじゃーん」であります。笑

大輔さんは自国だけのカリスマにあらず。

世界を熱狂させる力を持ってる人だと私は思っています。

大輔さん、キャラバンは3年前のFOIはもっとキレキレしてたですよ。

「ちょっとちょとおおおお!スケーターの中に一人だけホンマもんのダンサーが交じってるじゃん!!!!!」ってアゴが外れそうになったのを今でも覚えています。

だから、その才能を「今使わずに、いつ使うのだ」」byクシャナ殿下です。

あのパフォーマンスを世界最高峰のアイスショーで見せずにいつ見せるんだ?というのが私からのエールですw

もっともっとハジけが足りんとですよ。

 

コラボでうごめく大輔さんは、私のドSの血をたぎらせるものがありましてムチがしなります(いやそんなもん持ってないけど)

苦悩、哀愁、悶絶、いつの間にかこんなんが似合い過ぎる男になってしまった大輔さん、伊達にイバラの道を潜ってもいなければ地獄の釜も覗いてませんもんね。

もはや真骨頂とばかりに調子こいて、もっとのたうち回ってもやり過ぎではないかも。

だってどうやら苦しむ程に生き生きと艶っぽく、美しく魅せられる稀な男みたいだからw

(…だけど肩と背中を柔らかくするのにはこれからも励んで下さい。)

 

こっからはまたメンドくさい寝言です。

「ようやくスケートに気持ちが戻ってきた」

「一番タカハシダイスケが印象に残ったと思って貰えたら勝ち」

そうは言っても、自国のアイスショーでいくら総スタオベを貰っても、現役で試合に挑んでいた頃と同じような高揚感を得られない大輔さんなのはわかります。

ステファンとのコラボで大喝采総スタオベで沸かせたXOI直後でも、全日本で戦う現役の選手の姿に「羨ましい」とコラムに綴った大輔さんの気持ち、なんかわかるよねって言いたくなります。わかった気で語るな、それとこれを一緒くたにすんなとツッコミ入れられそうですけど。

 

自国で自分のファンで埋め尽くされたアイスショーで総スタオベされても、それはもはや何度も見た景色です。

自分が現役当時のように時間をかけて献身的に情熱を持って取り組んだものではなく、2週間前から体をイジメて(本人の弁を借りてるけどそうではないかも)作り出したものにも会場が同じように沸いてくれるけれど、その時にどれ程の高揚感や達成感を得られているのか伺い知る術はないです。でもおそらく全然別物なんだろうなと。

 

最近の私は、大輔さんが一旦離れたスケートに戻ってきただけではなくて「心」も同時に戻ってきたと感じなければ満足出来なくなりました。

足りないのは「情熱」。「パッション」です。

去年ジェフリーや他の誰かもキーワードのように語ったパッションが、演じ手にも観る自分自身にも足りない。そんなふうに勝手に感じてしまっています。

この先例え「スケートをすることに情熱を取り戻した」みたいに本人が言葉にしても、私がその時に観た演技にそれを感じられなければ、大きな感動には至らないかも。

 

私が未だにLOTFの感動を忘れられないのは、舞台に立ってる大輔さんに現役当時のようなパッションを感じられたから。

あのパッションをスケートでも感じることが出来る大輔さんを私は待っているのだと思います。自国のファンだけではなく、自分を初めて観る海外の観客まで熱狂させる気持ちになってくれたら、心技体揃えて世界最高峰のショーに合わせてきたと感じられたらいいな、というのが誰よりも鈍感な私の願いです。

 

 

 

広告を非表示にする