今日は。。。

今日は9月3日に放送がある番組詳細を知って久々に泣き濡れてしまいました。

嬉し涙ではなくシンドイ気持ちで泣けたのは本当に久し振りです。

まだOA前なので実際にはどういう番組になるのか定かではないです。

でも、

現役最後の2年間の苦しさを、本人に番組側からの誘導で話されるのは辛いです。一番辛い。

何度もこの手の番組があったけど、本人がその頃の話を語った最後っていつだったかな。…フレンズプラスαで荒川さんMCでソチの話をしたのが最後かな?

あの番組途中、大輔さんは訊かれるまま答えていたのを一旦止めて、

「この当時の話をすることで気持ちが良くない人もいる」と言ったんだよね。

視聴者であるファンが辛い気持ちになるのを…傷つくのを察していた。

 

今、同じ輔オタの知り合いの方が話した言葉を思い出している。

当時、大輔さんが自分に非がないのに誰も傷付けることなく全部自分で請け負ってしまった時のこと。

「彼を応援するということは彼が選択する理不尽も受け入れることなのかもしれない」と。

この言葉を思い出した。

私はあの時、とてつもなく傷付いてしまった。大切に思っている人が自分に非があるからと場を収めるのは…私は苦しいんだ。

うまくいかない物事の原因が全部自分にあるとかいうのも辛い。

そんなことないってわかっているから。

でも、どうすることも出来ないんだよな。。。

 

番組で…現役最後の2年間、実際に起こったことの理不尽なんて、当然語られることなく番組は進んでいくだろう。やるせないな。

 

大切に想っている人が苦しんだ日々を忘れることなんてどうしたって無理です。こちらも相当苦しんだし。

だけどあれから月日を重ね、新な挑戦に挑み続け、その頃には得られなかった感動と美しい景色を見せて貰えることで当時を思い出して泣き濡れることもなくなっていた。

だけど、こうして簡単に引き戻される。

それも誰かの手によってね。